(トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る

   浜松市中区 N様邸内外リフォーム工事
昭和58年建築の住宅です。居間、ダイニングキッチン等の床が傷んできていたため、床の張替えをしました。同時に冬場の寒さ対策として、床暖房
の設置もしました。より効果を高めるため、
2重窓の設置も同時に施工しました。外部は外壁の塗装工事および屋根のシックイ工事もしました。
床の張り替え工事に、エコを考えて国産材を使用し、そのため公的な
リフォームの補助金も利用できました。
     
(施工前)
キッチン、居間、寝室の床が傷み、また段差が支障となって生活に不便を
感じていました。
 
  (施工中)
仕上げ材(カーペット、クッションフロアー)を剥がしたところです。
この後、構造用合板への張替えと、段差解消のため床下地材の
重ね張り施工をします。 
     
     
(施工中)
下地材を不陸の無いように施工し、その上に
床暖房パネル
設置していきます。

 
  (施工中)
洗面所の床も湿気による傷みがあり、腐れもあり、床材、根太も撤去
して、
防腐処理を施しました。ここから配管工事のやり替え、床暖房の
配管取出し施工を行いました。キッチン入口には
気密タイプ
床下点検口を設けました。
     
     
(完成)
居間の床の張替え、
床暖房の設置が完成しました。
  (完成)
床暖房の設置とともに、
2重窓の施工をしました。サッシをペアガラスに
変えるよりも、熱効率はよくなります。今回は内窓までペアガラスにした
ため、最強効率になったのではと思います。実際、施主は今年の冬は
部屋が非常に温かく他の暖房器具は不要だったそうです。また、結露
による
カーテンの濡れもなくなったそうです。
     
     
(完成)
ダイニングキッチンも床の張替え、床暖房の設置、2重窓の施工を
しました。居間との段差も解消し、非常に歩きやすくなりました。
  (完成)
2階寝室の床は、1階への減音を考慮して、2重張りの床
を施工しました。
 
     
     
(完成)
洗面所の床は、湿気に強い床材の施工にしました。
  (完成)
外部については、外壁の塗装(シリコン)、屋根シックイの施工をしました。

     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る