(トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る

   浜松市浜北区 H様邸内部リフォーム工事
平成元年建築の住宅です。給湯器(ガスボイラー)が今回で2度目の故障となり、せっかく改修するのならALL電化にしようということなりました。
浴室も冬場寒く感じていたため、
浴室暖房付のユニットバスへの変更、トイレの床も床板の沈みがあったので、2重床への改修も行いました。
公的な補助金も利用でき、その申請手続きもお手伝いしました。
     
(施工前)
ガスボイラーのお湯漏れです。しばらくお風呂が使えません。それでも、
今後のことを考え
エコキュートに交換することになりました。
 
  (施工後)
家の北面に設置のため、奥行のない
スリムタイプを選択しました。
ヒートポンプとあわせて、横巾が長くなるため、洗面、浴室の窓との
位置の調整が必要です。 
     
     
(施工前)
洗面所の床も少し沈みがあったため、浴室の改修と同時に
床の2重張りの工事もしました。
 
  (施工後)
床強度がしっかりとして、廊下敷居との段差が解消しました。
今後のメンテナンスを考慮して
気密型の床下点検口も設け
   ました。
     
     
(施工前)
冬季の
入浴時の寒さに耐えられなかったそうです。また、洗面所
との
段差も気になっておられたそうです。おばあちゃんの身体の
事も心配してました。
  (施工後)
浴室暖房
を利用して、入室時の寒さがなくなったそうです。
電気代もほとんどかからないようです。また入口
段差解消
引戸にしての操作利便性はよかったようです。
     
     
(施工前)
トイレの床の沈みが気になっていたそうです。
敷居もスリッパがひっかからないように、高くなっていたので
よく足をぶつけて苦労していたそうです。
  (完成)
床の2重張り
、と敷居段差をなくしました。
これで痛い思いをしなくてすみますね。

     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る