(トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る

   磐田市 F様邸バリアフリー工事(補助金対象)
様から、今後の安全のためにお風呂に手摺を依頼されました。
     
(施工前)
手摺を取り付ける前のお風呂の壁です。タイルル壁で施工当時の
下地の施工方法がわかりません。
タイル施工方法は
だんご張り
圧着張りの2種類の施工方法があります。
今回は施工してみてわかったのですがダンゴ張りでした。



  (施工中)
手摺を取り付ける前のお風呂の壁です。タイルル壁で施工当時の
下地の施工方法がわかりません。施工方法を間違えてしまうと
取付部分のタイルが割れてしまいます。
今回はどちらにも対応できるように手摺の取りつく部分に化粧の
アルミプレート防水接着材防水シーリングしたアンカービス
で壁に取りつけながら、
防水シーリングしたビスで手摺を取付ます。
お風呂の手摺はL型ディンプル加工を施したものが最適です。
縦部分を浴槽の縁上部にあわせます。横部分は浴槽床から、
75〜80cm位の高さが最適です。
   
     
 (完成
浴槽脇にはL型の手摺取付がとりつきました。
  (完成)
廻りの壁には伝い歩き用の手摺も取り付きました。
     
   

 

     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る