(耐震工事に戻る
     (最近の施工例に戻る
     (トップページに戻る

   磐田市 K様邸耐震補強工事(補助金対象)

地震、台風時の建物の揺れが心配でした。
今回思い切って
耐震補強工事をすることにしました。
キッチンを含めて、生活しながらの工事となりますので、
少し不便さも感じながらの工事となりました。
同時に古くなった
キッチンの入替えも行いました。
   
 
(施工前)
築30年以上の2階建て住宅です。
平屋部分は増築した部分です。
 
  (解体後
写真の様に
床、壁、天井全て撤去となります。
今回は洋室、キッチンの補強となりました。

     
   ⇒
 
(施工前)
  (解体)


     
   
 
(筋違い工事)
壁に新たに筋違いをいれます。
  (金物)
筋違い金物柱脚金物(筋違いの後ろに少し見えてます)です。
  
     
     
(合板張り)
構造用合板を張ります。土台までしっかり留めつけます。
この時、決められた釘で決められたピッチで施工します。

  (完成)
仕上げのボード、クロスを貼って壁は完成となります。
床と天井も撤去してあるので、下地を組んで仕上げなければ
なりません。
     
     
(補足)
耐震工事をでは柱、壁面の強化が中心で補強をすすめますが、
この写真のように、以前に建築された住宅においては、
梁の継ぎ手
T字型アリ継)に羽子板ボルトのようなものがつけられていない
ことがあります。(解体してみないとわかりません。)
このままにしておくと、地震発生時の不安さがぬぐいきれませんね。

  (補足)
通常の柱受け金物の他に、梁受け金物で梁の継ぎ手が
破壊されないように補強します。
これは
耐震計画の項目にははいっていませんが、
気がついたので
数か所補強しました。

     (耐震工事に戻る
     (最近の施工例に戻る
     (トップページに戻る