(トップページに戻る
     (新築工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る

   浜松市中区 I様邸新築工事(工事中)
街中での建て替え工事です。
     
(完成直前
完成直前です。来年1月初めには完成引渡しとなります。
興味ある方は、引渡し前にご連絡いただければご案内いたします。
  (完成直前)
現在、外構工事も着工中です。
     
     
(着工時)
地盤調査の結果、地盤に支持力の
軟弱な層が確認されました。
長期安全性の確保のため、現場土と砕石を置換し締固めを行う
ことにより、地盤の支持力を増加させる
砕石パイル工法をとりました。
施工時に天然砕石のみを用いるため土壌汚染のない
環境に配慮
された工法で、資産価値の減少を防ぐことができる工法です。

 
  (基礎工事)
ベタ基礎工事です。

   
     
     
(上棟中)
2階床組が終わったところです。1、2階の床ともに
28mmの
構造用合板
でしっかりと止め付け強固な建物にします。
  (屋根工事中)
平板の陶器瓦(防災型)です。最近の陶器瓦は軽くなっており
地震対策もばっちりです。
耐久性を考えると陶器瓦だと思います。
スレート(セメント系)だと、10年すると再塗装が必要となります。 
     
     
(外壁下地
外壁下地には強度的に優れる
ダイライトを張ります。
気密、断熱性、耐火性にも優れています。
 
  (外壁下地)
   
     
     
(外壁工事)
サイディング塗装板の縦張り(金具工法)です。
横張りはデザイン種類は多いのですが、継手の
コーキング部分に
メンテナンスが多くなりやすいです。
  (玄関内部)
入口サッシは内側に引き分けるタイプです。
バリアフリーの住宅を検討していたので、家の中の間仕切り建具
はすべて
引戸となっています。(ドアは一本もありません)
   
     
     
(LDK)
キッチンはオープン型(カウンタータイプ)でリビングを全て見渡せます。
  (キッチンから)
リビングを見たところです。キッチンを含めて、
大空間となります。

     (次ページに
     (最近の施工例に戻る