(トップページに戻る
     (外構工事に戻る
     (最近の施工例に戻る

   浜松市西区 I様邸ウッドデッキ修繕工事
ウッドデッキの修繕依頼の工事です。施工後数年しかたっていなく、2年ほど前に塗装をしたばかり
だそうです。
     
(施工前)
塗装も丁寧に施工されているのですが、デッキ床材が
頼りなく
たわみ、ところどころ割れているところもあります。
これでは、一般の成人男性は乗れません。
 
  (施工前)
特に床材の
継ぎ目はひどく、下の根太まで折れそうな感じ
です。
 
     
     
(施工中)
傷んだデッキ床材を撤去したところです。
根太もかなり傷みがはげしく、取替えか補強が必要です。
特に塗装が
後施工のため、木材の塗装できていない部分とか、
継ぎ手の傷みがひどいです。
  (施工中)
今回は予算もあり、全て撤去とはいかず、根太の補強材を添える方法
をとりました。あらかじめ
塗装済の材料を用いることによって、耐久性
をもたせます。
   
     
     
(完成)
傷んだデッキ材は全て取替えて、塗装をして完成です。
これで、当面は大丈夫です。


  (完成)
デッキは施工材の種類厚みによって耐久年数は違ってきます。
やはり人気のウッドデッキにするには、材種、厚さを吟味すると
ともに、こまめなメンテナンス(
塗装)が必要です。
最近は木を練り込んだ
樹脂デッキが主流になってきてます。

     (外構工事に戻る
     (最近の施工例に戻る