(トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る

   磐田市 Y様邸外壁リフォーム工事
外壁コーキングの打替え依頼でした。築後十数年の大手鉄骨プレハブハウスメーカーの住宅です。
施工してみると大変な事象が発生していました。外壁の
サイディングが傷んでおり、コーキングしても塗装しても応急処置にしかなりません。
     
(施工前)
二階東面の外壁と、バルコニーの外壁の外側が相当傷んでいます。
コーキングの打替えを手掛けはじめて、職人さんが見つけました。
それも、足場をかけてみないとわからない場所です。
外壁の種類は
ハイセラコートというサイディングでした。
お施主様もメーカー営業さんから半永久的にもつ外壁だからと、勧め
られて、決めたそうです。
お施主さまに提言して、メーカーに連絡してもらったのですが、責任
逃ればかりしてあまりいい返事がもらえません。
修理するとなるとかなり高額な金額になり、それも短期間の保証しか
できないそうです。調査してみると全国的に同じようにトラブルになって
いるところが多いようです。お施主様はあきらめて、当社に修理依頼
をしていただきました。
  (施工前)
バルコニー外壁のコーナー部分です。バルコニー正面も鉄骨構造のジョイント部分
を中心に相当傷んでます。サイディングの表面材は非常に丈夫そうですが、
内部からの湿気によるものか、紫外線が強く当たる部分を中心に
ボロボロになってきています。外壁が鉄骨構造に直か張りのため、
よけいに傷みやすい構造となっているのではないかと思われます。
指で触ると簡単に塗装とサイディング内部がはがれてきます。





     
     
(施工前)
バルコニーの笠木も樹脂製で、ジョイント部分を中心に
そり返り、そこから
雨水が浸入して、外壁が傷んできているように思われます。
笠木を外すと、鉄骨に
防水テープを巻いただけで、それもかなり
劣化していました。鉄骨直張りの欠点でしょうか。

 
  (施工前)
笠木を取外したところです。そった笠木の下端から雨水が浸入しています。
継手部分は防水テープがほとんどありません。


   
     
     
(解体中)
サイディングをはずしたところです。

鉄骨は錆が目立ち、木部も一部腐敗していました。
 
  (施工中)
外壁の直張りだと同じ現象が出てしまいます。
通気の工法
(シート+胴縁+サイディング)に変え雨水の浸入に備えるようにします。
  笠木部の
上端にもサイディングを張るようにします。   
     
     
(施工中
工場生産の外壁のためか、下屋(1階屋根)部分の納まりが、
コーキングだけに頼っている構造でした。
この改善のため、のし水切板金をシート下に差し込み通気工法を取ります。
サッシ廻りも
アルミの見切りを加工して取付、外壁が納まるようにします。
 
  (施工後)
外壁の張替えがおわりました。工事中の天候には注意しました。
  すっきりとした縦ラインの外壁としました。釘跡がでない金具留工法
です。

   
     
     
(施工後)
バルコニーは単調にならないように、濃い色のサイディングを仕様としました。
笠木も施工前の樹脂製を取りやめ、
アルミ製のバー手摺付にしました。
 
  (施工後)
軒天も撤去後、サイディング張替え後に張替えました。

   
     
     
(施工前)
屋根裏用の通気口も外壁が傷んでましたので張替えます。

  (施工後)
屋根裏用の通気口の外壁の張替えが終わりました。
今回は屋根も劣化していたので塗装(
シリコン塗装)しました。

     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る