(トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る
     (雨漏り修理に戻る

   浜松市浜北区 H様邸雨漏り修理
H様からの雨漏りの調査・修理依頼からはじまりました。築年数の確認はしませんでしたが、知り合いから中古で住宅を買わ
れたそうです。和室の天井部分の
雨漏り調査、修理を行いました。修理後、その和室の床、天井の洋風化も行いました。
H様は
損害保険をかけておられたので、あわせてその保険申請のお手伝いもさせていただきました。
     
(調査時)
和室の天井に
雨染みがみられ、全体的に天井材が傷んで下がって
いる部分もありました。見た目にも悪く当然天井材も交換しないと
だめです。
 
  (調査時)
天井材をはがしてみると、屋根のノシ部分から雨の侵入跡があり、
梁、たるき、屋根材にも雨染みがしっかりと残っています。いよいよ
原因の究明となります。2階屋根か外壁だと推測されます。究明
には2人ペアーで交互に確認します。水掛けと観察での調査です。
地道な作業です・・) 
     
     
(調査中)
屋根が
緩勾配のため、桟葺き屋根となっています。その上にアルミ
バルコニーが乗っています。 屋根とサッシの間が少ないため、アルミバル
コニーの取付にもかなり無理(根太掛けがコーキングで止付けてある)が
あるようです。注水試験をした結果、桟葺き屋根の
桟の上の溝部分
から、雨水の吹き上げた時に現象がみられました。
桟葺きのノシ水切板金の下には捨水切板金にがあるため、桟部分
の捨て水切りの施工に問題があるのだと推測されます。この桟葺き
三晃式といって当時(今でも?)よく使用されていたようなので、
その施工方法は、また詳しく調べておきます。

 
  (修理中)
今回は、水みちをつくりながら、台風のように強い雨風に耐えら
れるように、
コーキング処理をしていきます。
本来ならば、バルコニーをばらして屋根の葺き替え、外壁の張替
え等も考慮しなければいけませんが、予算もあり最善の修理
方法をとりました。施工後の
注水試験もOKでした。(後日)  
  

     (トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る
     (雨漏り修理に戻る