(トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る
     (雨漏り修繕に戻る

  浜北区 N様店舗雨漏り調査・修繕工事
以前から台風時に店舗の1階、2階の天井から雨漏りして困っていました。
通常の縦降りの雨の場合、あまり漏れないのですが、雨に風が巻かれるような時に雨漏りがおこるそうです。
調査依頼と修善依頼をうけました。
     
(調査)
1階の天井です。壁にも
雨染みがみられ床のクッションもはがれてきています。
外部のどこの場所からかの雨水の浸入か調査が必要です。
  (調査)
2階の天井です。何ヵ所もシミが出ています。

いろいろな原因がありそうです。
塩ビのパイプのようなものが出ています。
     
   
(調査)
2連梯子で2階屋根に登ってみました。
なにかおかしいですね。
折半屋根に谷樋のようなものが入ってますね。
後でわかったのですが、店舗を増築した時に既存の軒樋を、谷樋
代わりにして増築してしまったようです。それも建物の真ん中を
雨水が集まって流れるようにです。
  (調査)
折半屋根を流れてきた雨水が、軒樋に入るときに勢いよく反対の
屋根下(建物の中)に入らないように
止水板もどきのものが添えられ
ていました。風が強かったり、雨の量が多いと屋根下に雨水が浸入
してしまいます。右上の
樹脂の折半の納まりもよろしくありません。
     
     
(調査)
天井裏をはずしてみると、軒樋に沿って
雨漏りあとがわかります。
屋根上からの修理はほとんど不可能です。(片側の屋根をはずして
修理すれば別ですけど・・)

  (施工後)
樹脂の折板屋根は水上側の
雨の浸入防止と、面戸の改良をしました。
また、劣化がひどいので補強もしました。
     
     
(施工中)
軒樋沿いに天井を剥がして内側からの補修方法をとります。

  (施工後)
先ほどの塩ビのパイプの正体がわかりました。軒樋から縦樋にわたる
ところの
エルボでした。
 ↓
   
     
(施工後)
軒樋と折半面戸の間の隙間にを無くすため、
ガルバの板(緑色部分)
を加工して差し込んみ、また面戸の隙間をコーキングしました。
  (完成)
天井裏が狭いためコーナーに点検口を設けておきました。
増築する時には
雨仕舞には十分な注意が必要ですね。

     (トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る
     (雨漏り修繕に戻る