(トップページに戻る
     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る
     (雨漏り修繕に戻る

  磐田市 T様邸雨漏り調査・修繕工事
台風時に和室の天井、鴨居、廻し子から雨漏りして困っていました。
通常の縦降りの雨の場合、あまり漏れないのですが、雨に風が巻かれるような時に雨漏りがおこるそうです。
調査依頼と修善依頼をうけました。
     
(調査前)
和室の壁に
雨染みがみられ柱、鴨居まで漏れているのがわかります。
外部のどこの場所からかの雨水の浸入か調査が必要です。
  (調査前)
天井にも何ヵ所かシミが出ています。

左の原因を含め何ヶ所の原因がありそうです。
     
   
(調査中)
下屋(1階屋根部分)に上がり原因箇所の探りをいれます。
あたりをつけて水掛け調査をするために、
足場を掛けます。
もちろん、修繕にも足場は必須となります。
  (調査中)
あたりをつけた所を中心に、
外部全て水掛け調査を行います。
調査は必ず2人以上で行います。一人が下で漏れ状況を確認
しながら行います。
     
     
(施工前)
バルコニーの笠木の
付け根部分の離れが原因です。
台風によるものか、建物の劣化によるものかは要因ははっきりしません。

  (施工後)
シーラー処理後、外壁と同じ色の
変性シリコンコーキングをしました。
これで当分大丈夫です。劣化もあるので、ときどき点検も必要です。
     
     
(施工前)
サッシと外壁の取り合い部分に
板金を巻いてあるのですが、サイド部分
に穴が空いています。もともと詰め物してあったかどうかはわかりませんが、
ここから横降りの雨の時に浸入してきています。
内付けサッシを使用しているためで、今の施工なら、半外付けサッシを
使いますね。
  (施工後)
バッカー(詰め物)を充填して変性シリコンコーキングをしました。
これで当分大丈夫です。ここもときどき点検が必要です。
     
     
(施工後)
上記と同じような部分が何ヵ所かあります。修繕できるところは
すべて施工します。
当時は内付けサッシを使用していたのですね。
  (施工後)


     (リフォーム工事紹介に戻る
     (最近の施工例に戻る
     (雨漏り修繕に戻る